顔色の変化が示す(病気のサイン)

顔色の変化が示す(病気のサイン) に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

頭痛といっても千差万別で
・血管性頭痛・・・頭蓋骨内外の血管の拡張によって起こるもの
(脈拍にあわせてズキンズキンといたむ)
・筋緊張性頭痛・・・不適当な枕の使用、ストレスなどで首から肩にかけての筋肉の緊張が生じておこるもの
・脳出血、梗塞。脳動脈瘤、くも膜下出血など・・・脳内の血管異常によって起こるもの(手足や顔面の片方が麻痺する事が多い)
・脳炎、髄膜炎、脳腫瘍など・・・神経痛に伴って起こるもの(このときは嘔吐を伴う)
・三叉神経痛、大後頭痛神経痛・・・神経痛に伴って起こるもの
(痛みが間欠的にしょうずる)
・目、耳、鼻、副鼻腔、歯、口腔の炎症・・・病気によって起こるもの
・血圧の異常(高血圧、低血圧)、寝不足、貧血による酸素不足、などによって起こるもの
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

膠原病の一種である強皮症でも、表情が乏しい
・全身の皮膚が硬くなり、萎縮する
・顔面のシワがきえる。
。口を十分に閉じられないために。常に歯が突き出た状態でいる。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

パーキンソン症候群のサイン
パーキンソン症候群は神経変性疾患の一種である。表情が硬く、まるで能面のようなつるつるとした顔を示すほか、顔面の皮脂腺
の分泌が亢進するため、脂を塗ったようにてかてかになる。
・姿勢が前かがみになる
・地面をするように小刻みに歩く。そのときほとんど手を振らない。
・頭部を小刻みにふるわせる。
・だ液の分泌が亢進する。
などがある。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

糖尿病のサイン
だ液を分泌する線組織の一つに耳下線がある。これは、耳の前下方にあり、おたふく風邪は、耳下線がはれるもっとも代表的な疾患である。ほかに急性耳下腺炎耳下腺腫瘍のときも耳下腺がはれるが、いずれも片側だけである。
また、耳下腺炎の時は発熱する。
 しかし、中年以降、特に太った人が両側の耳下線がいたみ発熱も伴わずに、少しずつ晴れてくるときは、糖尿病が疑われる。
耳下線とすい臓の働きは、ある面で似たところがある。
すい臓の働きが低下して分泌されるインスリンが不足する状態が糖尿病だが、そうなると、すい臓の機能を補う為に耳下線がはれてくるのである。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

がんや感染症、脳血管障害などのサイン
・まぶたが十分に閉じない
・鼻の横から唇の両脇にかけて「八の字」に広がる線が浅い
・口角がさがる
・口笛を吹くと、麻痺している側から空気が漏れる。
・額にしわがよせられない
などの症状を呈する顔面神経麻痺は、「末梢性麻痺」と「中枢性麻痺」に分けられる。
末梢性麻痺の原因として、外傷、ガン、中耳炎、髄膜炎などの感染症、ヘルペス、寒冷刺激などがある。
中枢性麻痺は、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害などが原因でおこる。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。