目でここまでわかる

目でここまでわかる に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

外側3分の一がうすくなっていませんか
 甲状腺機能低下症では、頭髪もうすくなるが、眉毛も薄くなる事がある。とくに、外側の3分の1が咲きに薄くなるのが特徴である。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

腎臓の弱りで血液中の毒素、老廃物が増加
 腎臓病のときに同様の症状が出る事がある。腎臓病で血液中の老廃物や毒素の排泄が低下すると、目の下の皮膚はほかの部分よりも薄いため血液の汚れが反映しやすく、黒ずんで見えるためである。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

甲状腺機能の亢進のサイン
バセドウ病において、交換神経の過緊張の為、眼が細かくケイレンして収縮し、上まぶたが上がり、眼ケンが広くなる。
 そのために、まばたきの数が少なくなり、まばたきの速度も遅くなる。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

顔面神経麻痺のサイン
まぶたが閉じられないのは、顔面神経麻痺の症状だ。
顔面神経に支配されている眼輪筋の収縮ができないためである。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

脳の病変のサイン
上まぶたは第三脳神経の動眼神経により、動きが調節されている。
片側のまぶたどちらか一方が下がること、両まぶたとも下がることで次の事が疑われる。
・片側だけ下がる場合・・・動眼神経を麻痺させる病変として、くも膜下出血、脳炎、髄膜炎、脳腫瘍などがあげられる。いずれにしても、すぐに脳神経外科を受診すべきである。
・両側ともに下がる場合・・・両側の場合、重症筋無力症(全身の筋力が低下する難病)が疑われる。まぶたの筋肉を疲労させると悪化するので、朝より夕方がひどくなるし、まばたきを繰り返すと悪化する。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。