2007年04月

2007年04月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

甲状腺昨日の不調や腫瘍のサイン
眼球が両側とも飛び出してくる場合は、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
を、片方の眼球だけが飛び出す場合は、眼窩腫瘍を疑う必要がある。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ドライアイ
涙の分泌が不足して、眼球が乾き、目がひりひりしたり、ショボついたりするときがある。これはまばたきの回数が減るような生活(長時間のパソコン作業や車の運転、テレビの見すぎなど)がおもな原因である。ほかに、睡眠不足や過労死で起こることもある。年々、水分が不足していく高齢者にもおこりやすい。また、シェーグレイン症候群(原因不明の全身性の炎症疾患で,難病の1つ)の1症例でもある。
 涙は大部分が水分であるが、免疫物質を含むたんぱく質や、塩分などのミネラル類、脂質や酵素などが含まれ、眼球表面にくっついた細菌を殺菌したり、汚れを洗浄したりという働きもする。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

脳や肝臓の疲れのサイン
肝臓と目の働きは密接で離れられないと考えられている。
肝臓は、「血液の貯蔵庫」とも言われ、体内のあらゆる臓器から血液によって運ばれる老廃物を解毒して血液を浄化し、それにたんぱく質、脂肪、糖分、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を加えて全身の細胞に送り込んでいる。
 したがって、疲れや老化、病気で肝臓の力が落ち、こうした作用が低下すると、大きさのわりに血液を一番多く要求尻目に症状が出てくるのである。
 このようなことからも、かすみ目、目の疲れ、とり目、視力低下、ドライアイなど、目に生じる異常は、肝臓の働きをよくすることが「肝要」である。
酒を飲みすぎて、肝臓を酷使した翌日に、「酔眼朦朧」となることからも肝臓と目の関係がよくわかる。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

頭痛といっても千差万別で
・血管性頭痛・・・頭蓋骨内外の血管の拡張によって起こるもの
(脈拍にあわせてズキンズキンといたむ)
・筋緊張性頭痛・・・不適当な枕の使用、ストレスなどで首から肩にかけての筋肉の緊張が生じておこるもの
・脳出血、梗塞。脳動脈瘤、くも膜下出血など・・・脳内の血管異常によって起こるもの(手足や顔面の片方が麻痺する事が多い)
・脳炎、髄膜炎、脳腫瘍など・・・神経痛に伴って起こるもの(このときは嘔吐を伴う)
・三叉神経痛、大後頭痛神経痛・・・神経痛に伴って起こるもの
(痛みが間欠的にしょうずる)
・目、耳、鼻、副鼻腔、歯、口腔の炎症・・・病気によって起こるもの
・血圧の異常(高血圧、低血圧)、寝不足、貧血による酸素不足、などによって起こるもの

[RSS] [Admin] [NewEntry]

膠原病の一種である強皮症でも、表情が乏しい
・全身の皮膚が硬くなり、萎縮する
・顔面のシワがきえる。
。口を十分に閉じられないために。常に歯が突き出た状態でいる。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

パーキンソン症候群のサイン
パーキンソン症候群は神経変性疾患の一種である。表情が硬く、まるで能面のようなつるつるとした顔を示すほか、顔面の皮脂腺
の分泌が亢進するため、脂を塗ったようにてかてかになる。
・姿勢が前かがみになる
・地面をするように小刻みに歩く。そのときほとんど手を振らない。
・頭部を小刻みにふるわせる。
・だ液の分泌が亢進する。
などがある。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

糖尿病のサイン
だ液を分泌する線組織の一つに耳下線がある。これは、耳の前下方にあり、おたふく風邪は、耳下線がはれるもっとも代表的な疾患である。ほかに急性耳下腺炎耳下腺腫瘍のときも耳下腺がはれるが、いずれも片側だけである。
また、耳下腺炎の時は発熱する。
 しかし、中年以降、特に太った人が両側の耳下線がいたみ発熱も伴わずに、少しずつ晴れてくるときは、糖尿病が疑われる。
耳下線とすい臓の働きは、ある面で似たところがある。
すい臓の働きが低下して分泌されるインスリンが不足する状態が糖尿病だが、そうなると、すい臓の機能を補う為に耳下線がはれてくるのである。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

がんや感染症、脳血管障害などのサイン
・まぶたが十分に閉じない
・鼻の横から唇の両脇にかけて「八の字」に広がる線が浅い
・口角がさがる
・口笛を吹くと、麻痺している側から空気が漏れる。
・額にしわがよせられない
などの症状を呈する顔面神経麻痺は、「末梢性麻痺」と「中枢性麻痺」に分けられる。
末梢性麻痺の原因として、外傷、ガン、中耳炎、髄膜炎などの感染症、ヘルペス、寒冷刺激などがある。
中枢性麻痺は、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害などが原因でおこる。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

脳下垂体前葉の働きが亢進して、成長ホルモンの分泌が過剰になる病気で,骨の成長期に発症すると巨人症に、骨の成長が止まった後に発症すると末端肥大症になる。
 この病気になると、目の上が飛び出したり、下あごが突出したり肥大したり、また耳、鼻、唇の肥大などが起こる。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

副腎皮質ホルモンの分泌過剰で起こるクッシング症候群では、四肢は普通の大きさなのに、顔がふくらむ。
 ゼンソクやリウマチをはじめとするさまざまな膠原病などに処方されるステロイドホルモン剤を長期にわたって摂取すると、副作用として同様の現象がおこる。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

甲状腺昨日の低下症のサイン
顔がはれぼったい以外に、唇や舌が厚い、毛髪や眉が抜け落ちる、まぶたのむくみ、鼻が幅広い、皮膚が粗く乾燥しているなどの特徴がある。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

肝臓が弱っているサイン
中年以降の人、特に更年期の女性の顔(ほかに腕、首の部分)に現れる褐色の色シミがある。
加齢とともに血液内の老廃物を解毒する肝臓の力が低下した結果、老廃物(リポフスチンなど)が皮膚に沈着しやすくなったり、紫外線による活性酸素を除去する能力が弱まるためにできやすい、と考えられる。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

副腎皮質の機能低下のサイン
副腎皮質の機能低下する病気(アジソン病)では、顔の肌だけでなく全身の皮膚が黒褐色になる。歯肉、唇、口蓋、ほほの粘膜、舌も黒くなる。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

中程度、重度の貧血や栄養不良の状態で顔色が黄色っぽくなる。
少しひどい貧血で赤血球の色素(ヘモグロビン)を反映していた赤みがとれて、皮膚が黄色くなってくる。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

心臓病、肺の病気のサイン
先天性の心臓病や心不全、慢性の肺の病気など、チアノーゼを起こすと、皮膚や粘膜が暗紫赤色を呈してくる。
唇、ほほ、鼻のてっぺん、耳たぶ、つめに密着した皮膚、皮膚のうすいぶぶんに顕著にあらわれる。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

腎臓病のサイン
血液内の老廃物の大半をろ過して排泄している腎臓の動きが低下すると、血液が老廃物で汚れ、独特の土色を帯びた黒ずんだ顔色になる。
皮膚が薄いため、血液の色がよく現れる目の周りから、黒ずんでくる事が多い。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

白眼や全身の皮膚が黄色くなるのは、肝臓や胆嚢になんらかの病気が存在するための黄疸である。
 皮膚が黒ずんでいる場合は、肝硬変や肝臓ガンなど、慢性の肝機能障害のことがおおい。
解毒器官である肝臓の力が低下するため、さまざまな体内の老廃物や有機物が十分に解毒されず、汚れた血液がながれているためである。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

貧血、肺の病気のサイン
貧血や肺機能の低下の時に顔色は白っぽくなる。
つまり肺炎やぜんそく、肺がん、慢性気管支炎のときなどが顔色がしろっぽくなる。
 そのほか、香rだのどこかに激痛やショックを受けた時に顔色がしろっぽくなる

[RSS] [Admin] [NewEntry]

赤くほてるのは血液の汚れ・・血行不順と血液の汚れ
やや紫色がかった赤色の場合・・全身の血行不順と血液が汚れているサインである。大酒のみや肝硬変の患者に多い。 肩こりや、頭痛、めまい、冷え、のぼせ、生理不順、生理痛、痔、静脈瘤、脳梗塞、心筋梗塞にかかりやすいことをしさしています。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

私の母もいつのまにやら歳を取ったもので、ひざの関節痛になやませれるようになりました。
 間接痛は加齢とともに軟骨の水分保持力が弱まってしまうので、ひざのクッション力が弱くなり、骨同士がぶつかりあって起こす痛みです。
そこで、水分保持力の高いヒアルロンサンを飲む事で、若さを維持することもできますし、ひざの痛みなどの関節痛から開放されます。
 私の母もヒアルロンサンを飲み現在は関節痛の苦しみから開放されました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

あのルーマニアのドラキュラ城うりにだされているそうです
 値段も90億ぐらいらしいのですが2ヶ月ぐらい前ですのですでに買い手がついたのではと思っている今日この頃です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今バチカンで、エクソシスト講座(悪魔付きを取り払う職業)がはやっているそうです。なかなかレアな職業なので私も個人的に凄く興味を持ったのですがやはり費用の方とイタリア語がわからないので断念しています。
非常に興味深いニュースでした。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

プロポリスは栄養の摂取率を上げる効果高いので、免疫力を自然にあげて活力が出てくる作用があります。
 また、免疫力が上がるので雑菌に対する抵抗力もあがり、カゼにかかりにくくなります。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

血液がさらさらになるということは、血管に負担がなくなるリます。
その事により、脳梗塞、心筋梗塞、脳溢血などの重大な成人病を防ぐ事ができます。
 また、血液は栄養素や細胞に酸素を送り込むので、元気や活力を挙げる元になります。けつえきをさらさらに保つ事は、内蔵への負担も減らす事ができます。ですから、疲れやすい人は血液がどろどろの可能性がありますね。
どろどろとは血液成分がコレステロール値が高いので、血中のコレステロールを分解しないといけません。酢やたまねぎなどがいいと思います。
 それからニコチンも血の中にたまりやすいので、喫煙量を減らした方がいいとお思います。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

健康番組がはやっていル今日この頃ですが、私の持論は、病気にかかわるものは、血液の汚れ(どろどろ血液など)、免疫力の低下(ウィルス性の病気)、生活習慣病(喫煙、偏った食生活など)をみなおせばほとんどの病気が防げると思っています。
 たとえば、免疫力をあげるものに、プロポリスがあります。プロポリスは私が取り扱っている水溶性のもので、牛乳に入れて毎日飲んでいます・
 また、けつえきさらさら高価のある物は、お酢、たまねぎ、青魚など。特に私のお奨めは、黒酢を大さじいっぱい、オレンジジュースにコップいっぱいに入れて飲むとすごくのみやすいですよ。
 生活習慣については自己の健康管理になりますよね。
かなり短略して島しましたが更新して随時アップしていきます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

僕は、今まで生きてきてカゼを引いた事がほとんどありません。
一般的にカゼは、ビタミンCが不足するとなりやすいといわれています。また、体力が落ちている時や、ストレスがたまっている時などになりやすいといわれています。ですから、風邪を引いた時は、まず、体力をつけ、自己免疫力を高めることが重要だと僕は感じています。
 そこで、私のうちでは、栄養ドリンク(ユンケルなど高めのやつ)とカゼ薬を併用して使っています。
 これは聴きますよ。 それからショウガなどもいいといいますよね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。