瞳孔がしめす

瞳孔がしめす に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

暗いところに行くと瞳孔は散大するものだが、失明や高度視力障害、興奮や恐怖、発熱、昏睡、緑内障などでも散瞳する。
 逆に、瞳孔が小さくなるのは、明るい場所や、麻酔の痛み止めのモルヒネを投与した時である。また、高齢者では、常に、縮瞳傾向にある。
 片側の瞳孔だけが特に大きくなっている(1側性散瞳)ときは、中興膜動脈が出血し、脳神経の動眼神経が圧迫されて麻痺をきたしていることを表し、緊急手術が必要である。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。