まぶたが下がる

まぶたが下がる に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

脳の病変のサイン
上まぶたは第三脳神経の動眼神経により、動きが調節されている。
片側のまぶたどちらか一方が下がること、両まぶたとも下がることで次の事が疑われる。
・片側だけ下がる場合・・・動眼神経を麻痺させる病変として、くも膜下出血、脳炎、髄膜炎、脳腫瘍などがあげられる。いずれにしても、すぐに脳神経外科を受診すべきである。
・両側ともに下がる場合・・・両側の場合、重症筋無力症(全身の筋力が低下する難病)が疑われる。まぶたの筋肉を疲労させると悪化するので、朝より夕方がひどくなるし、まばたきを繰り返すと悪化する。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。