グリシドール脂肪酸エステル グリセリン脂肪酸エステル

グリシドール脂肪酸エステル グリセリン脂肪酸エステル に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Qアルデヒド、ケトン、カルボン酸、エステルなどカルボニル基を有するものは、匂いを持つものが多いとされているようですが、これらの構造をもつとどうして、香りをもつのですか。
A正確に言うと、その物質が匂いを持つのではなく、鼻にある嗅覚受容体にその物質が結合することで、そこから信号が脳に送られて匂いを感じます。生体には多くの種類の受容体があり、それぞれある構造を持つ化合物のみを結合します。嗅覚受容体はエーテルやカルボニル、エステルなどの構造をもつものを結合します。他にもありますが。窒素や酸素が無臭なのは窒素や酸素が嗅覚受容体に結合しないためです。より詳しい話は薬理学を学ぶとわかります。

Q有機化学の答えの反応式と飯能機構の表し方がわからないんですが、教えてください。手順はあってると思います。1・・・シクロヘプタノンから2-メチルシクロヘプタノンを収率よく合成するにはどうするべきか?反応式で示せ。→シクロヘプタノンに適当な塩基(LDAとかNaH)を反応させてα位の水素を引き抜きエノラートを生成、そこにヨウ化メチルを反応させるとSN2反応で2-メチルシクロヘプタノンが生成される。2・・・マロン酸エステル合成を用いて、2-メチルブタン酸を合成する方法を示せ。→・ジエチルマロネートにナトリウムエトキシドを反応させてα位の水素を引き抜く。(真ん中の炭素から水素が引き抜かれる) ・ヨウ化メチルを反応させてSN2反応 ・再度ナトリウムエトキシドを反応させて、今度はヨウ化エチルを反応させる。 ・最後に溶液を酸性にして必要があれば加熱すると、二酸化炭素が脱離する。 ・2-メチルブタン酸が生成される。3・・・=-CH2Br から =-CH2COOH を合成する方法を2つ、反応式で示せ。→方法1 ・RCH2BrにMg/ジエチルエーテルを反応させてグリニャール試薬を合成する。 ・グリニャール試薬をCO2(二酸化炭素またはドライアイス)と反応させる。 ・最後に溶液を酸性にするとRCH2COOH 方法2 ・RCH2BrにKCN(シアン化物イオンを含むもの)を反応させる。 ・SN2反応でRCH2CNとなる。 ・溶液を酸性にするとRCH2COOHとなる。4・・・ペンタナールを水溶液中で水酸化ナトリウムと反応させると、アルドール縮合がおこり、最終的にエノンが生成する。このエノンの構造と反応機構を書け。
A教科書を見てください。絶対に反応機構くらい載ってますから。特にアルドール縮合とか人名のついた反応は必ず反応機構が書いてあるので、それを参考にしてください。まあそれはいいとして、気になった点が一つあります。問題1ですが、この答えは教科書にそうやって書いてあったんですか?そうならいいんですが、この答えはたぶん間違っています。確かに、2-メチルシクロヘプタノンはこのやり方でも合成できますが、この問題には「収率よく合成する」となっているので、たぶんエナミン法を使うのではないでしょうか?エナミン法は教科書に載っているので調べてみてくださいね。

Q有機化学の答えの反応式と飯能機構の表し方がわからないんですが、教えてください。手順はあってると思います。1・・・シクロヘプタノンから2-メチルシクロヘプタノンを収率よく合成するにはどうするべきか?反応式で示せ。→シクロヘプタノンに適当な塩基(LDAとかNaH)を反応させてα位の水素を引き抜きエノラートを生成、そこにヨウ化メチルを反応させるとSN2反応で2-メチルシクロヘプタノンが生成される。2・・・マロン酸エステル合成を用いて、2-メチルブタン酸を合成する方法を示せ。→・ジエチルマロネートにナトリウムエトキシドを反応させてα位の水素を引き抜く。(真ん中の炭素から水素が引き抜かれる) ・ヨウ化メチルを反応させてSN2反応 ・再度ナトリウムエトキシドを反応させて、今度はヨウ化エチルを反応させる。 ・最後に溶液を酸性にして必要があれば加熱すると、二酸化炭素が脱離する。 ・2-メチルブタン酸が生成される。3・・・=-CH2Br から =-CH2COOH を合成する方法を2つ、反応式で示せ。→方法1 ・RCH2BrにMg/ジエチルエーテルを反応させてグリニャール試薬を合成する。 ・グリニャール試薬をCO2(二酸化炭素またはドライアイス)と反応させる。 ・最後に溶液を酸性にするとRCH2COOH 方法2 ・RCH2BrにKCN(シアン化物イオンを含むもの)を反応させる。 ・SN2反応でRCH2CNとなる。 ・溶液を酸性にするとRCH2COOHとなる。4・・・ペンタナールを水溶液中で水酸化ナトリウムと反応させると、アルドール縮合がおこり、最終的にエノンが生成する。このエノンの構造と反応機構を書け。
A丸投げはよくありません。調べましょう。基本的なところは教科書に載ってます

Q緊急!!有機化学の問題がわからないので教えてください(_ _)夏休みの宿題の一部分ですが、解けない問題があります。1・・・シクロヘプタノンから2-メチルシクロヘプタノンを収率よく合成するにはどうするべきか?反応式で示せ。2・・・マロン酸エステル合成を用いて、2-メチルブタン酸を合成する方法を示せ。3・・・=-CH2Br から =-CH2COOH を合成する方法を2つ、反応式で示せ。4・・・ペンタナールを水溶液中で水酸化ナトリウムと反応させると、アルドール縮合がおこり、最終的にエノンが生成する。 このエノンの構造と反応機構を書け。この4つの問題がわからないので、教えてくれるとうれしいです。よろしくお願いします(_ _)
A多分、次のような感じでいいのではないかと。1についてシクロヘプタノンに適当な塩基(LDAとかNaH)を反応させてα位の水素を引き抜きエノラートを生成、そこにヨウ化メチルを反応させるとSN2反応で2-メチルシクロヘプタノンが生成される。(収率がいいかは分かりませんが、段階が少ないのでそんなに低くないと期待して)2について・ジエチルマロネートにナトリウムエトキシドを反応させてα位の水素を引き抜く。(真ん中の炭素から水素が引き抜かれる)・ヨウ化メチルを反応させてSN2反応・再度ナトリウムエトキシドを反応させて、今度はヨウ化エチルを反応させる。・最後に溶液を酸性にして必要があれば加熱すると、二酸化炭素が脱離する。・2-メチルブタン酸が生成される。3について方法1・RCH2BrにMg/ジエチルエーテルを反応させてグリニャール試薬を合成する。・グリニャール試薬をCO2(二酸化炭素またはドライアイス)と反応させる。・最後に溶液を酸性にするとRCH2COOH方法2・RCH2BrにKCN(シアン化物イオンを含むもの)を反応させる。・SN2反応でRCH2CNとなる。・溶液を酸性にするとRCH2COOHとなる。4について反応機構は有機化学の教科書でも調べてください。多分、図のような化合物になるはず。

Q漢方に詳しい方 PMS症状に対する漢方についてよろしくお願いします。子供を出産後から、生理前にイライラ・抑うつ感がひどくなり、子供に当たったり、またそれで落ち込んだりとつらいので薬を飲んでみようかと思ってます。先輩ママに「命の母」がいいよと教えてもらい、薬局に行って見ましたが「命の母」のほかにもツムラの「ラムールQ」という物がありました。成分を見てみるとトウキ・シャクヤク・ケイヒなど倍くらい違う成分もあり、詳しくはわかりませんが「証」により効き目が違ってくるのかなあと思いました。私はちょっと動くと… すぐ疲れる 肌は… さめ肌で荒れやすい 元気は… あまりない 胃腸は… 弱いほう 爪は… 爪に筋や波がある 腹部は…やわらかい ・・・・・・・・以上が虚証として当てはまります体格は…太っている食欲は…良好暑がり ・・・・・・・・以上が実証として当てはまりますそのほかには、普段から気力の減退や疲労感・だるさがあり、偏頭痛持ちです。こういったタイプの場合、どちらのお薬が合うでしょうか?【命の母】(一日量)トウキ末 300mg シャクヤク末 300mg ソウジュツ末 200mg ケイヒ末 200mg ダイオウ末 200mg ニンジン 50mg センキュウ末 200mg ブクリョウ末 200mg タクシャ末 150mg ボタンピ末 200mg トウニン 100mg 【ラムールQ】(一日量)日局エンゴサク 0.91g 日局カノコソウ 0.61g 日局シャクヤク 0.61g 日局トウキ 0.61g 日局ケイヒ 0.43g 日局センキュウ 0.30g 日局ボタンピ 0.30g 日局ブクリョウ 0.24g 日局ソウジュツ 0.18g 日局ジオウ 0.15g 日局チンピ 0.15g 日局カンゾウ 0.12g 日局コウブシ 0.12g 日局トウニン 0.12g 日局オウレン 0.06g 日局ショウキョウ 0.03g 日局チョウジ 0.03g 日局ニンジン 0.03g 以上の割合の混合生薬の乾燥エキス500mgと センナエキス 25mg 日局トコフェロールコハク酸エステルカルシウム 10mg 日局ニコチン酸アミド 10mg 日局パントテン酸カルシウム 10mg 日局葉酸 5mg 日局チアミン硝化物(V.B1) 5mg 日局ピリドキシン塩酸塩(V.B6) 1mg 日局リボフラビン(V.B2) 1mg 日局シアノコバラミン(V.B12) 10μg
A追)こんばんは。ストレス性の症状が多いということですよね。ということは肝の薬だと思いますし、胃潰瘍もストレスを緩和すればならなくなると思われます。今の時点で、とくに追加したほうがいいというものはみあたらないです。胸脇苦満があまりないようですので、念のため、医師に確認されて処方を受けると万全だと思います。………………市販のこのようなタイプの薬は、多くの人にある程度の効果がでるように無難に配合されているようです。どちらかといわれればラムールQで、鎮静・鎮痛効果が前面に出ると思われるので、生理痛・不眠などもあれば向くと思います。命の母のほうは、トウキ・シャクヤク… 補血ソウジュツ・ブクリョウ・タクシャ… 水はけをよくするケイヒ・ニンジン… 温めるセンキュウ・ボタンピ・トウニン… 血流改善ダイオウ… 便を出させるという配合で、血流をよくすることによってイライラ(気滞)を改善し、冷えを温め、だるさを軽減する作用はあると思います。ただ、暑がりの方はもう少し熱を冷ます成分もあるといいと思いますし、腹部の柔らかい方に大黄がどうかとも思います。ラムールQのほうは、成分の種類がとても多くて、これくらい種類が多いと効き目も穏やかかと思います。鎮痛・沈静に、血を増やす作用、気をめぐらす働き、熱を冷ます成分も含まれていますが、あとに行くほど配合量が少ないです。 同じお金を出すなら、加味逍遙散はどうですか?イライラ・抑うつ・落ち込む…神経症状がある、しかもイライラだけでなく、落ち込むこともある逍遙性の症状と思われる疲れる・気力の減退・偏頭痛… 神経を使うことと、気滞がある(イライラの原因)ことで消耗する暑がり・イライラ…熱分が多い 上半身に比べて下半身は比較的普通もしくは冬に冷えますか?太っている・腹部が柔らかい・だるい… 水滞があるかも? 胃腸が弱いほう・食欲良好… 胃腸の改善を中心とした漢方が別に必要か迷いますが、食欲はあるので症状は軽い、血虚を改善すればよくなる場合あり爪に筋や波…血が不足すると爪に出やすいさめ肌で荒れやすい…不眠があるか、睡眠の質がよくないかもという理由から、気滞・水滞・血虚をかね、自律神経調整作用(昼間の自律神経過亢進を抑え、睡眠の質をよくする)のある加味逍遙散はどうかと思います。肝気鬱結もしくは肝火の証です。左右肋骨のすぐ下を押してみて圧痛や抵抗、気持ち悪さ(胸脇苦満)があれば適合が確認できます。病院にいけば同じくらいの料金で1か月分手に入ります。http://www.halph.gr.jp/goods/kan353.html

Qパルミチン酸エステルが苦み軽減?パルミチン酸をエステルとして導入することで苦みを軽減させたプロドラッグがある。なぜか、また腸管に達してから本来の薬効を再生する機構を説明せよ。回答おねがいします。
A具体的には、「クロラムフェニコールパルミチン酸エステル」ですね。「クロラムフェニコール」という抗生剤のパルミチン酸エステルです。なぜか、というのは、問題の文章中に、既に答えが書いてある気がしますが、エステル化することで、薬剤の苦味が軽減し、服用しやすいからです。錠剤であれば、表面をコーティングすることで苦味をマスクできますが、液剤の場合そうもいきません。よって、小児用のシロップ剤に、このパルミチン酸エステルが使われています。「クロロマイセチンパルミテート液(小児用)」という商品です。加水分解されて、クロラムフェニコールとして薬効を発揮します。

QユベラNについてお尋ねします。ユベラN200錠についてインターネットで調べてみると”トコフェロールニコチン酸エステルとビタミンEがくっついた薬”などという説明を見かけます。ビタミンEの含有量はどのくらいになるのでしょうか?ニコチン酸とビタミンEの結合含有量となるのでしょうか?無知ですみません。宜しくお願い致します。
Aニコチン酸が約22%、トコフェロールが約78%なので、全量が200mgですとニコチン酸44mgとトコフェロール156mgとなります。

Qある化合物の構造中に2箇所にカルボン酸エステルがあった場合、どちらかのアルキル基だけを選択的に脱離させることは可能でしょうか?(例えば、エチルエステルとt-Buエステルでt-Bu基を脱離したいとき)
Aまあ、どの程度の違いがあるかにもよるでしょうし、その程度の選択性があるかにもよるでしょう。t-ブチルエステルは塩基には比較的強いが、酸では比較的簡単に取れちゃうので、その組み合わせであれば可能でしょうな。

Qアセト酢酸エステル合成、マロン酸エステル合成についてアセト酢酸エステル合成、マロン酸エステル合成について何か問題点ありますか?わかる方よろしくお願いします
Aまあ、特に問題はないと思いますが?すでに確立された古典的とも言える方法ですから。

Q市販の化粧水を精製水で薄めた場合、使用期限はどれくらいですか?すいません。1度質問させていただいたんですが、もう少し具体的なご回答をいただければと思い、再度質問させていただきました。●化粧水アルビオン薬用スキンコンディショナーエッセンシャル●使用目的ローションパック●薄める割合スキコン2:精製水1●スキコンの成分グリチルリチン酸ジカリウム※、精製水、エタノール、1,3″ブチレングリコール、グルタチオン、ハトムギエキス、ハマメリス抽出液、マロニエエキス、1″メントール、カラギーナン、セスキオレイン酸ソルビタン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、無水エタノール、パラオキシ安息香酸エステル、香料※;有効成分 無印;その他の成分 精製水の使用期限は開封後1週間程度ですが、精製水を使った手作り化粧水にエタノール等が含まれている場合の使用期限は1ヶ月程度と聞いたことがあります。ということはスキコンの成分をみると、もともと精製水やエタノールが入っていますし、これに精製水を足すだけなら1ヶ月くらいは使えるんではないかと思ったんですが・・・スキコンに入っている精製水と市販の精製水とは、何か違いがあるんでしょうか?もしお詳しい方がいらっしゃいましたら、使用期限とその理由を教えていただきたいです。よろしくお願いします。
A水で薄めた場合は,防腐剤濃度も下がりますから,カビが発生しやすくなります. そんなにもたないでしょう.アルコール濃度が高い場合は殺菌力がありますから,長期保存は可能となります.下手に水を入れると乳化が壊れる製剤もあります. せいぜい2から3分位づつを作るようにすることです.

Q以下の記述についての正誤を教えてください。アルコールとフェノールは、どちらもカルボン酸エステルをつくる。どうでしょうか。カルボン酸エステルといえばR-COO-R' を想像し、カルボン酸とフェノールが頭に浮かび、アルコールという記述がよく分からなかったのですが・・・教えてください。
AR-COO-R' で,R' がアリール基(芳香族炭化水素から誘導された官能基または置換基。簡単に言えばベンゼン環をもつ炭化水素基)の場合はフェノール類,脂肪族炭化水素基の場合はアルコール類によるエステルです。例:酢酸フェニル……酢酸とフェノールによるエステル,酢酸エチル……酢酸とエタノール(エチルアルコール)によるエステル。

Q接着剤:ポリアクリル酸エステル を溶かす溶剤は?購入したいカッティングシートの接着剤にポリアクリル酸エステルというのが使われているのですが、剥がした時の残りカスを溶かす溶剤があったら教えてださい。
Aラッカーシンナーで溶けると思われます(トルエン)ホームセンターで売っているラッカー薄め液より○×塗料店で買えるラッカーシンナーが良いかと思われます。

Qギ酸メチルなどのギ酸エステルは還元性を示すのでしょうか?アルデヒド基があるからといって必ず還元性を示すとは限らないと思うのですが・・・。自分の持っている参考書には書かれていませんでした。色々ネットで調べると、還元性があると書いてあるサイトもあるし、ないと書いてあるサイトもあってどれを信用すればいいのか分かりません。
Aアルデヒド基があれば還元性を示します。ギ酸エステルは酸化して、カルボニル基をもちます。

Qオーブンレンジの中にラップのかかったお皿が入っているのに気付かず、オーブンの予熱(250℃)をしてしまいました。ダイオキシン等有毒ガスは発生しますか?その後そのままオーブンでピザを焼き食べてしまいましたが問題ないでしょうか? ラップの原材料名⇒塩化ビニル樹脂添加物名⇒脂肪族多塩基酸エステル(柔軟剤)、エポキシ化植物油(安定剤)、カルシウム化合物(安定剤)です。
A塩化ビニルのラップフィルムは、電子レンジには使えません。塩化ビニルのラップフィルムは、業務用が多いですが、用途は、食品をトレーに盛り付け、ラップでくるむ為に使われています。通常は、電子レンジ、お湯につける等の使い方は考えて製造されていません。レンジに使うのでしたら、直ぐに棄てて、ポリ塩化ビニリデン等の耐熱性があるラップフィルに買い換えたほうが良いと思います。250℃では、塩化ビニルは解けてしまいますが、燃えなければダイオキシンは発生しません。しかし、解けた、塩化ビニル入りのピザを食べるのはやはり体に良くないですね。ピザを焼くときはラップは不要です。

Qセパテン酸エステルと言う化学物質は実際に存在しますか?もしあれば、その英語を教えてください。そして、もしこの物質に関するサイトがあれば、それも教えてください。
A該当する出願の欧米公開がありませんので、対応する英語も見当たりません。また、その時期に見られるのみで、最近の出願には見られません。文脈と転記間違いを類推すると、「セバチン酸」という「セバシン酸」(sebacic acid)の別の表記法を、さらに転記ミスした可能性が一番高いでしょう。ダイマー酸などの次にくる点でも、カルボキシル基を2つもつセバシン酸がポリオールとエステル結合をなすと考えるのが無難かと思います。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%B3%E9%85%B8http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&q=%E3%82%BB%E3%83%90%E3%83%81%E3%83%B3%E9%85%B8&lr=

Q人工化学物質について以下の化学物質が含まれている製品、商品名をそれぞれ4つずつ教えてください。また、「そのほか」と記入されているところは、例としてあげられている化学物質以外の物質名と化学物質が含まれている製品、商品名を教えてください。<衣料>ポリエステルナイロン「そのほか」二つ<食品(添加物を含む)>ソルビン酸BHAブチルヒドロキシアニソー(BHA)サッカリングルタミン酸ナトリウムチアンベンダゾール(TBZ)オルトフェニルフェノール(OPP)亜硝酸ナトリウム過酸化水素ビタミンD ビタミン類で「そのほか」5つ<食器・包装>ポリエチレンポリスチレンポリ塩化ビニリデン「そのほか」3つ<洗剤・シャンプー・石鹸>ラウリル硫酸ナトリウム「そのほか」5つ<住居・合板・塗料>トルエンキシレン酢酸ブチルクロルピリホスホルムアルデヒド「そのほか」2つ<殺虫剤>ピレトリンアレスリンナフタレンジクロルボス「そのほか」4つ<医薬品>アセトアミノフェンイブプロフェン酢酸ヒドロコルチゾン「そのほか」5つ<化粧品>パラオキシ安息香酸エステル類(パラベン)ブチルヒドロキシアニソール(BHA)ジブチルヒドロキシトルエン(BTH)レゾルシノールタール色素アゾ色素ポリエチレングリコール「そのほか」2つ
Aグルタミン酸ナトリウム 味の素

Qこの化合物は塩基性ですか?H2NHNC(=O)CH2CH2C(=O)NHNH2のNH2部分が塩基性か、塩基性ならばどの程度強いのか、を知りたいです。上記の化合物と、官能基にカルボン酸エステル(-COOCH3)がついている化合物を合成させようと思っています。(アミド結合、というのですか?)両末端のNH2部分が塩基性ではないとカルボン酸エステルと合成する際に支障が出るらしいのですが…。また、NH2の隣のNHについても、何かご存知である性質がありましたら、教えていただきたいです。お願いします。
ANH2は紛れもなく塩基性です。ヒドラジンのようにNが2つくっつくと、Nが一つの場合より求核性が上がります。これはN-O結合でも同じで、一般的にα効果と呼ばれています。-NH-C(=O)Meの様な官能基はアミドというよりカルバメイトと言います。クロロギ酸メチルとトリエチルアミンを使うと反応は容易に進行すると思います。

Qアセト酢酸エステル合成、マロン酸エステル合成では通常、親電子剤としてアルキルハライドが使われますが、親電子剤としてエポキシ化合物は使用できますか?できれば情報ソース付で教えてください。お願いします。
Aエポキシでもアルキルハライド同様、反応は進行しますよ。立体障害が大きいエポキシは反応しないかもしれないけどね。

Qヘアースプレーの有害成分一時、環境ホルモン物質のひとつとされるフタル酸エステルがヘアースプレーに含有されていると言われましたが、たとえば、「ゆるふわカール」「愛されカール」などのCMで有名なスタイリング剤には含有していないのでしょうか。また、フタル酸エステル以外のヘアースプレーに含有する人体に有害な物質を教えてください。スプレータイプのスタイリング剤は成分が噴射するので、吸い込んだりすると有害でないか心配です。
Aフタル酸エステルって、変な言葉ですね。フタル酸はベンゼン環にカルボン酸が2個結合した物です。エステルとはカルボン酸とアルコールから脱水反応を起こして作ります。つまり、フタル酸ジエステルになります。このフタル酸ジエステル、環境ホルモンと騒がれましたが、今はどうなったのでしょうか?環境省は確か、数年前に環境ホルモンというものを白紙に戻して再調査すると言っていたと思うのですが。化学薬品の人体にタイする影響ですが、ヘアースプレー缶の注意書きを守れば、大丈夫だと、メーカーは言っています。注意書きには、口の中に入れてはいけないと書いてありますよね。また、誤って飲んだり吸って気分が悪くなったら、医療機関に行きなさいと書かれていると思います。つまり、大量に吸い込むと健康に害があると言うことです。

Qこの間、HPLCを用いて4-オキシ安息香酸エステル類の定量を行ったのですが、そのときに飽和塩化ナトリウム水溶液を使用しました。なぜ飽和塩化ナトリウム水溶液を使用するのですか?また、飽和でなければならない理由はなんですか? と送ったのですがわかりにくかったみたいでどうもすみません。サプリ飲料と飽和塩化ナトリウム水溶液とジエチルエーテルを分液ロートに入れて抽出を行った際に飽和塩化ナトリウムを使用しました。
Aやはり分液時の使用でしたか。分液の時に飽和食塩水を利用する目的はエーテルやエステルを有機溶媒に用いたとき有機層の水の溶解度が結構大きく有機層を乾燥するときに非常に邪魔になります。また、有機層自体も水層に解けやすいため損失が大きく分析ではいい結果が出なくなります。そこで水の中にNaClなどの塩を入れると異種イオン効果が発生し有機層への水層の溶解が最小限に抑えることができます。また、逆も抑えることができます。有機の合成屋は, 分液の最後は大抵 飽和食塩水(飽食といいます)で行ってからNa2SO4などの乾燥剤を使用します。なぜ, NaClかというと1. 比較的溶解度が大きい2. コストがもっとも安い3. 中性4. 化合物との反応性がほとんどないとあります。応用すると水層に溶かした有機化合物を抽出するときは食塩と入れると抽出効率が上がります。まとめると基質がエステルなので飽食を使用したと思います。一見中性のような塩でも弱塩基などがありエステルが加水分解する可能性があります。また、上記に述べたように溶媒でなくてもエステル類は水への溶解度が結構大きいため損失を最小限に抑えるためです。溶媒に水が含まれるとおそらく次の実験に影響が出るため水分をできるだけ除去した。となります。

QエスレックB・Kは、フタル酸エステル、燐酸エステル、脂肪酸エステル、グリコール誘導体類及び多くの他の可塑剤と相溶するため、物性を巾広くコントロールすることが可能です。また、エスレックB・Kは架橋性をもっているので、フェノール樹脂、尿素樹脂、メラミン樹脂、エポキシ樹脂、ニトロセルロースなど多くの樹脂と相溶します。上記の文章で‘相溶する'の意味は何ですか。お願いします。
A樹脂屋さんが『良く混ざること』を指す場合に良く使います。(例)ABS樹脂とPCは相溶性が良い。アロイ化などを考えるときにも使われます。compatibilityという単語を充てることが多いです。 但し、『架橋性をもっているので』と『相溶する』の間に関係がなく意味不明の文です。

Q[可塑剤はプラスチック製品や接着剤の樹脂を軟らかくするための添加剤です。 家庭では塗料、 ... 酸エステル類は、常温では粘ちょうな液体で、]上記の文章で '粘ちょう'ってどんな言葉ですか。漢字と発音と意味をお願いします。
A漢字は、「粘稠」読み方は、「ねんちゅう」意味は、「ねばりけがあって密度の濃い・こと(さま)」と複数の辞書にありました。実は私は、元接着剤の研究者で、レポートなどでこの粘稠という言葉を使っていましたが、読み方は「ねんちょう」でした。「ねんちゅう」とは知らなかったので、目からウロコです。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenkouiji.blog101.fc2.com/tb.php/64-f3a2baad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。