コレラ 食中毒

コレラ 食中毒 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Q8月21日本日の朝日新聞の天声人語の100字以内の要約について8月21日本日の朝日新聞の天声人語を100字以内に要約するとどのようなものになるのでしょうか?本日の天声人語はこれです。歳時記をめくると、病気にも季節がある。夏ならコレラ、暑気あたり、赤痢……。「鬼の霍乱(かくらん)」の霍乱は、今なら食中毒や日射病のことらしい。夏風邪もあるが影は薄い。風邪や流感のたぐいは、やはり木枯らしの季節でないと実感がわかないようだ▼そんな日本人の油断を、邪悪なウイルスが虎視眈々(こしたんたん)と突いてきたようにも見える。新型のインフルエンザが、「本格的な流行が始まったと考えていい」(舛添厚労相)勢いで広がりだした。死亡例も報告され、甲子園球児やプロ野球選手、力士にも感染がおよんでいる▼まず列島を巻き込んだのは5月だった。マスクは売り切れ、催事は取りやめになり、修学旅行の中止が生徒を泣かせた。保育所休業でお母さんは途方に暮れた。過剰反応とも言われたが6月になると潮が引くように関心はうせた▼インフルのウイルスに高温多湿は住みにくい。だが、片隅でしっかり生きながらえていたようだ。再び鎌首を持ち上げて患者は増えた。〈騒いでた頃より多い感染者〉と、ひと月前の朝日川柳は世の無警戒を諷(ふう)している▼〈冬来たりなば春遠からじ〉は名高い詩の一節だが、ウイルスには、苦手の夏が来たら「秋遠からじ」だろう。専門家によれば今はまだくすぶっている程度。秋から冬に、燎原(りょうげん)の火となって暴れる恐れがある▼大正中期のスペイン風邪も、秋からの第2波でぐっと凶暴性を増した。せんだっての第1波の際に、「マスクは冬の風物詩ではなくなった」と言われた。正しく恐れて身構えて、長い闘いに向き合うとする。
Aこんにちは!朝日の天声人語は、余計な修飾が多くてすごくわかりずらいです。朝日の記者さんもけっこう大変で、どうにかして文学的表現で「すごい文章を書いてやろう」というような意気込みで書いていますからね。きょうの文は、故事成語を使いつくしたバリバリの気合入ったものになっていましたね。でも、要するに、「新型インフルエンザが流行っているから気をつけよう」ということです。「風邪というと冬のものだと思いがちだけれど、今回の流行りは真夏に来た」という点に着目して、意見を述べているのですね。「新型インフルエンザが流行っている。風邪というと冬のものだと思いがちだが、今回は真夏に流行が来た。みんな気をつけましょう」これで100文字以内になると思います。足りなかったら何か付け足してみてください。宿題、がんばってくださいね!!

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenkouiji.blog101.fc2.com/tb.php/70-18c4961e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。